ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記  »  秋田高専 生産システム専攻科に合格しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田高専 生産システム専攻科に合格しました




5月16日に専攻科の推薦試験があり、口頭試問と面接を受けてきました。
結果は合格でした。

以下、試験の形式と出題内容について

・・・

■試験開始までの流れ
・久々のスーツ。ネクタイがうまくいかねえ…
・12:30に「情報交換室」に集合。受験票を渡し、携帯電話を預けて待機
・全学科が同じ部屋にいるので狭くて暑いし、案内担当の学生課の人がなかなか来ない
・1時頃から口頭試問開始。各科から一人ずつ、4人1組で口頭試問室へ移動
・学科別に用意された口頭試問室(=専攻科講義室)。廊下に用意された椅子で待機。寒い
・口頭試問。試験官は5年間お世話になった学科長とM教授。全然緊張感が無い。
・入室、受験票を渡して試験開始。

■試験の内容
・黒板に書きながら説明する形式。正しいかだけではなくきちんと説明できるかが重要。
・質問1つにつきある程度時間が決まっているらしい。てきぱき進めるべし
・化学:基本的な化学式。水蒸気H2O、鉄Fe、メタンCH4など。
・熱力学:熱力学の三法則、カルノーサイクル、エントロピー等の熱力学の基礎。
・機械加工学:アップカット・ダウンカット、構成刃先
・材料学:応力-ひずみ線図
・物理:ニュートンの三法則、光の反射の法則

■試験後
・別の控室へ移動
・なかなか始まらない面接。長い人で2時間くらい待った模様。
・機械工学科の口頭試問は簡単だったのに対し、電気情報工学科はかなりの難易度だったとか。

■面接
・志望動機は聞かれず
・今後の進路とTOEICスコアを聞かれる。400点いかないと卒業できないとか…
・でも某先生は400無くても大丈夫とのこと。はっきりしてくれ
・わずか2分で終了。こんなので本当に大丈夫か

■試験後
・帰ってきてすぐ電磁気の問題を解いてくれと頼まれる。推薦入試なんて無かったようなもの
・就職試験に比べて適当すぎると就活組からブーイング
・結果発表の時期を忘れる

■結果発表
・「結果発表いつだっけ」「今日だよ」「えっ」
・「そっか、まあ受かってるべ」
・案の定機械科4人は余裕の合格
・そして電気科のysdまさかの不合格
・「あー、前科がバレたか」
・そして伝説へ

・・・

これからもう2年、秋田高専に通うことになりました。
実は今年、弟も高専に入学しました。しばらくは一緒の通学です。
Comment
Trackback
5月16日に専攻科の推薦試験があり、口頭試問と面接を受けてきました。結果は合格でした。以下、試験の形式と出題内容について・・・
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

えすつう

Author:えすつう
管理人は現役高専生。

高専生活に役立つ情報や
便利なアイテムを紹介しています。

最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキング ブログランキング

人気ブログランキング
人気のアイテム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。