ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  試験対策  »  過去問で試験を乗り切る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去問で試験を乗り切る


je9iejl4.gif



過去問。
堂々と使えるアイテムではありませんが、苦手科目を乗り切る奥の手として使う機会も訪れるやもしれません。

そんなグレーゾーンな過去問についての考察。

・・・

■高専で過去問が強い理由


高専の先生は在籍期間がとても長く、ひとつの科目も長年にわたって担当しています。
30年以上ずっと同じ科目を教えている先生もいらっしゃいます。

一般科目の試験は担当している先生が試験を作るとは限らないでそうですが、
専門科目は必ず担当の先生が一人で試験問題を作成するので、毎年似たような構成になることが多いのです。

また、専門の先生は研究や外部相手の仕事等に忙しかったり、講義や試験はサブであくまでメインは研究だと考えていたりと、試験作成にはあまり力を入れられない場合もあるそうで、必然的に過去の問題を再利用したり、問題文の一部だけを改変したりという事例が多いようです。

過去問があれば試験の形式や出題傾向が分かり、試験が楽になります。
しかも高専では早ければ2年生から大学レベルの内容を学ぶため難易度が高く、そのため過去問を欲する学生が多いのだそうです。



■過去問を入手するには?


■先生に直接お願いしてみる
教科によっては先生にお願いすれば過去問をいただける場合もあります。
特に最初の試験では出題形式や問題数などが不明なので、その確認として配布されることも。

先生の配慮で頂いたものなので感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。


■先輩にお願いする
先輩方にお手数をかけさせることになるので、なるべくご迷惑の無いようにしたいものです。
寮生や部活に入っている人ほど先輩と親密でつながりが強いので、お願いしやすい感じがします。

私の場合はツイッターで仲良くしてくださっている先輩に過去問を頂いたことがあります。
先輩方のご厚意で頂いた過去問なので感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。


■Web上で見つかる場合も・・・!?
ホームページで過去の試験とその解答・解説を紹介している先生もいるとの話を聞いたことがあります。
といっても本業が高専の先生ではない先生、非常勤の先生、大学から高専の講義に来ている先生などらしいです。


■共有すべきか否か
いただいた過去問を独り占めすると揉め事の種になり、また情報の差が試験の点数に響くのは不公平という見方もあります。
逆に過去問はあまりいいものではないので、広めることもよくないとする考え方もあるようです。
過去問を誰でも使える状況にしたうえで、使うかどうかを各自の判断にゆだねるのがいいようです。



■過去問を使うことの是非


出題傾向が分かってしまうためヤマを張ったり、特定の問題の解答だけ暗記すれば満点が取れてしまったりするため、人によっては過去問を使うことを良く思わないかもしれません。
一方で「公開されている情報なのだから自由に使っても構わないのではないか」とする意見もあります。

基本的にはどの先生も考え方は後者で、過去問を使われることを前提にして試験を作っているようです。
試験を変えたり、過去問を流出させないようにしたりといったシステムで防ぐにはあまりに手間がかかるため、ある程度妥協して試験を作成しているように見えます。

「過去問があるため赤点を回避でき、勉強せずとも単位が取れるので理解しようとしない」という事態も想定されますが、この問題は学生の意欲や良心を信頼してあえて触れていないのでしょう。

制度的な問題も考慮したうえで、過去問が使えるからといって講義や課題も手を抜かず、自力で理解し訓練するべきでしょう。あまりまえですけど。
「試験本番の直前に練習として使う」「試験の形式や問題数の確認をする」くらいの気持ちで使うのがいいのかもしれません。

某先生曰く「試験勉強に便利なモノだけど、勉強を怠ってもどうにかなるアイテムではないことに注意」とのこと。
自分は誘惑に負けたことが何度かあったので今後気をつけます…。

教科によっては先生が過去問を提供してくださる場合もあります。
先生が配布した過去問を使うほうが後ろめたさが無くていいような感じがします。



・・・

高専生活で誰もが一度は目にするであろう過去問。
皆さんはどうお考えでしょうか。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

えすつう

Author:えすつう
管理人は現役高専生。

高専生活に役立つ情報や
便利なアイテムを紹介しています。

最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキング ブログランキング

人気ブログランキング
人気のアイテム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。