ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  レポート  »  レポート文章の書式と定型文について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート文章の書式と定型文について

最近は学生実験や研究発表などでレポートを書く機会が増えたが、レポート特有の書式・文体には今でも慣れない感じがする。

指導教官は最低限のアドバイスこそするものの、文体や書式について細かい指示を出してはくれない。
そもそもレポートの書き方は教わるものではなく、論文や教科書から雰囲気をつかんだり、自ら書いたりして習得するものなのかもしれない。

そんなわけで、今までの経験や教官のアドバイスを元に、自分が知る範囲のレポートの書き方についてまとめてみた。

・・・

■書式
・本文を明朝系フォント+左揃え、見出しはゴシック系+左揃え、英語はCentury
・句読点は「,(カンマ)」「.(ピリオド)」
・英数字は半角英数
・数式は斜体、中央揃え(または左側をやや空ける)、 文章の途中で数式が出てきたら改行(文章の途中に入れない)
・図題は図の下、表題は表の上、どちらも中央揃え


■テンプレ文章
原則:主語と述語の対応・断定 ~~は○○である
・(文頭で社会情勢や産業界の需要などを示し、実験の意義をアピール)
・近年~~により○○の需要が高まってきている、○○が要求されている、など
・本実験では~~を○○(測定・習得・理解など)するとともに、××を考察する
・本装置は~~、○○、▲▲より構成される
・以下に~を示す
・~は式()で表わされる
・~であると考えられる
・~~より○○であることが確かめられた


■レポート構成
実験レポートの構成には便利なテンプレが2パターン。
基本型

1.実験概要・目的
2.実験方法
3.実験結果
4.考察
5.結論


早く読めて便利な型

1.実験概要・目的
2.結論
3.実験方法
4.実験結果
5.考察
Comment
Trackback
最近は学生実験や研究発表などでレポートを書く機会が増えたが、レポート特有の書式・文体には今でも慣れ
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

えすつう

Author:えすつう
管理人は現役高専生。

高専生活に役立つ情報や
便利なアイテムを紹介しています。

最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキング ブログランキング

人気ブログランキング
人気のアイテム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。