ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記  »  急性胃腸炎になったけど治りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急性胃腸炎になったけど治りました

夏休みも残すところ3日の9月21日、朝7時頃に目を覚ますと腹に違和感。寝れば治ると思い、今日が日曜日でないことを確認した後二度寝した(日曜だったら仮面ライダー見るためにいったん起きてた)のだが、これが事件の始まりであった。

・・・
腹の痛みで目が覚めると15時頃になっていて、寝ても治らないとか危ないんじゃね?と思いながらもやっぱり布団から出られず1時間半経過。
周期的に腹が絞られるように痛み、息も荒くなってハァハァという声を我慢できず、布団の中で丸くなって変な声を上げていたためかお母さんにあらぬ誤解をされかけたので布団を出た。

トイレに行けば治ると思ったが尻から謎の白い液体。これはマズイと言うことで母の車で病院に行くことに。しかし腹の調子が悪いと車酔いもしやすいらしく、吐き気を催しまた腹から謎の白い液体。何すかコレ。

幸運にも病院に着いてすぐお医者さんに診てもらうことができた。レントゲン写真を撮ると腹に空気がほとんどない状態だったそうで、急性胃腸炎と診断されベッドに横になったまましばらく過ごすことになった。
謎の白い液体については結局謎のままだった。

痛み止めの点滴の効き目は凄く、次に目が覚めた時には痛みもほとんど引いて多少違和感が残る程度まで回復。
体調もだいぶ良くなり、学校も始まるということで痛み止めを処方してもらって退院することに。

お医者さんと看護婦さんにお礼を言い、ベッドから下りる途中に尻から謎の白い液体。しかも漏らした…

濡れたパンツのまま帰宅した直後、ピークの頃と同じくらいの腹痛に見舞われダウン。這いずりながら着替えて腹を押さえながらベッドにダッシュしたらしいのだがこの辺の記憶が無い。

次に意識が戻ったのは夜中の3時で、なぜかすごく調子が良くなり、腹を壊すからご飯は食べてはいけないと言われていたのにもかかわらずコンビニのおにぎりを食べる。深夜は混雑してないからとニコニコ動画を見て、1日ぶりにアフィブログを更新して寝た。

翌朝も非常に調子が良く、処方された薬を飲むまでもなく回復。またもやご飯を食べ、今度は肉や煮物も食べ、最終的にはポテチやチョコレートに手を伸ばすもこれと言って不具合は無く、そんなこんなで完全回復し今に至る。
お医者さんは3日ぐらいは安静にしろとか脱水症状に注意とかいってた気がするけど知らん。安静にしないまま学校に来ちゃったけど知らん。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

えすつう

Author:えすつう
管理人は現役高専生。

高専生活に役立つ情報や
便利なアイテムを紹介しています。

最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキング ブログランキング

人気ブログランキング
人気のアイテム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。