ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日記  »  突然知らないおばちゃんにひどいことを言われたらどう対処すればいいのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然知らないおばちゃんにひどいことを言われたらどう対処すればいいのか


木曜日は雨が降っていた。
駅にはだいぶ早くに到着し、待合室で一人電車を待っていた。かなりの田舎なので他に人も少ない。待合室には私しかいなかった。

5分くらい過ぎて待合室に知らないおばちゃんが入ってきたのだが、これが一連の騒動のはじまりであった…

・・・

待合室に入ったおばちゃんは私に挨拶した。
普通ならこの時点で変な感じがするかもしれないが、こういう田舎の駅では知らない人でも挨拶したり世間話をしたり、というのは結構よくあることなのだ。人情味があって素敵だがいろいろ面倒でもある。

私も挨拶を返したが、知らないおばちゃんの二言目は予想外だった。
「あんた顔色悪いの生まれつき?それとも受験失敗したの?」

待合室の戸は開いていたし、外にはタバコを吸ってるおじさんもいた。戸口の屋根の下には高校生が2人いた。明らかに聞こえていた。
しばらくの沈黙。私はホームの端まで逃げて何もなかったことにした。
田舎の駅なのでまた会う可能性も高い。その時は話しかけられないようにしたい。

・・・

あまりのインパクトだったのでその日は何も思わなかったのだが、今になって考えてみるとかなりひどい話だと思う。おばちゃんと周囲の人たちに変なレッテルを貼られたのは悲しいし、おばちゃんの無礼を指摘して謝罪の言葉のひとつくらいは貰いたかったとも思う。

いきなり無礼な話をする相手に対し、どう切り抜ければいいのだろうか。
何となく感じたことを列挙した

・・・

1.無視する
今回のケースでは反射的に無視することを選択した。
これ以上話をするのはお互い不快なので、話題どころか出会ったことすら無かったことにしてしまうのも悪いことではない。
二度と合わない相手にはこれが一番良さそうだと思う。
問題はこのおばちゃんに再び遭遇する可能性が極めて高いことなのだが…

2.失礼な発言を指摘する
言われたくないことを言われた側にとって、これが出来ればモヤモヤも残らずすっきりするに違いない。
おばちゃんから謝罪と反省の言葉を引き出せれば正義の勝利である。勧善懲悪系のコピペがまた一つ生まれるかもしれない。憧れである。
ただ、このおばちゃんに対しては硬い態度・硬い言い方では揉め事になるかもしれない。日和見主義な私にとってはさらに貶されるのも勘弁なので、不快感を表に出さず、へらへらした調子して対応する方がいいかもしれない。

3.キャラ作り・嘘話
どうでもいい相手に対してどうでもいい嘘で乗り切るテクニックを持つ友人がいる。彼曰く、
「あんた顔色悪いの生まれつき?それとも受験失敗したの?」に対しても「そうなんスよ、大学落ちて今ニートでーす」とか言った具合にチャラい調子で受け答えできるという。
素性を明かさないから何を貶されても本当の事ではない、全然気にならないというのもメリット。
相手の機嫌を取っているところが重要とだという。キチ系対応は機嫌を取ることが大事らしい。それでも一線を越えたら強く警告することにしているのだとか。

4.周囲の注目を集める
良識ある人々が周囲にいれば、悪を非難する強い言葉を発しても後ろ盾が付き、おばちゃんの反撃も怖くない。時に雰囲気そのものが言葉以上に威力を持つ。ただし一部始終を目撃した人間が十分にいて、誤解の恐れのない場合に限る。

・・・

世の中いろんな人がいるし、まあ仕方ないよね
理不尽だけど電車通学がんばるわ…
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

えすつう

Author:えすつう
管理人は現役高専生。

高専生活に役立つ情報や
便利なアイテムを紹介しています。

最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキング ブログランキング

人気ブログランキング
人気のアイテム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。